妊娠中に「いろいろ悩んだ」結果・・・

 

 

一人目を妊娠した当時、正直、旦那さんとはケンカばかりしていました。妊娠を伝えたとき、旦那さんは手放しで喜んでくれたけれど、私は複雑な気持ちでした。「あ〜、これで離婚できなくなる」と。

 

私の妊娠経過はすこぶる順調で、つわりもひどくもなく、切迫などの心配もない。妊婦としては、問題なしだったのですが、まったく心配のいらない妊婦は、旦那さんに妊娠の大変さを伝えることができなかったわけです。自分の体に変化に戸惑い、いつも、ちゃんと産めるか不安が付きまとい、そして、赤ちゃんは無事に生まれてくれるのだろうか、本当に自分は子供を育てるられるのだろうか・・・。
私がそんな風に悩んでいることを、旦那さんに伝えてみたものの、ちゃんとわかってくれているのだろうか・・・。いや、絶対にわかるわけがない。妊娠中の気持ちは、妊娠しないと絶対にわからない!!そう思っていました。
今思えば、妊娠中は自分のことを考える大切な時間だったと思います。子供が生まれたら、育て方や、しつけの方針、いろいろなことを二人ですり合わせていかなければならない。それが今の夫婦関係のままできるのだろうか・・・。楽しい時間のはずが、いつも悩んでいたように思います。

 

 

 

でも、いざ生まれたら・・・。我が子は本当に天使のようにかわいい!!
出産の時、へその緒が赤ちゃんの足に絡まってなかなか外に出れず、心拍数が落ちるというトラブルがあったのです。そんなこんながありましたが、無事に生まれてくれた我が子に本当に感謝しました。そして、旦那さんも「頑張ったね、ありがとう」と喜んでくれました。

 

結局、いろいろ悩んだけれど、いざとなると母は腹をくくって、自分に向かってやってくる全てに臨んでいかなければいけない!と気づいたのです。悩んで、答えがでなくて、また悩んで・・・。この時間は決して無駄ではなかったと思います。
妊娠するまで、自分のことだけを考えれば良かった。でも、妊娠して、赤ちゃんのことを考え、旦那さんとの関係も考え・・・。妊娠して、私は精神的に成長したと思います。

 

母になることで感じることのできる大きな成長です、妊娠期間はたくさん悩みましょう☆